top of page

ムギュとしてズルッからのグイッ!

 2学期期末テストが終わった1年生は元気よく中土観光交流センター「やまつばき」に出かけました。今日は「爪かんじき」づくりの大事な工程であるアブラチャンの成形です。

 振興会の方々が午前中からかまどに薪をくべてアブラチャンを茹でてくださっていました。グラグラと煮える湯は、アブラチャンから出た油分で既に真っ黒です。

 湯気立つ熱々のアブラチャンを両手で絞るようにムギュとすると、面白いようにズルッと皮が剥けていきます。

 白くスベスベになったアブラチャンを丸太の曲面に合わせてグイッと力を入れると、アブラチャンの繊維が伸ばされギュィンと曲がっていきます。半楕円状になったアブラチャンを特性の道具で固定して今日の作業は終わりです。(一人分のかんじきは4つのパーツがいるので、それを繰り返していきます。)

 大雪原で爪かんじきを履きながらの鬼ごっこも、もうすぐです。




閲覧数:15回

最新記事

すべて表示
bottom of page