top of page

児童生徒性暴力等の防止校内研修

 非常に残念なことですが、本県も含めて全国で教職員による児童・生徒等への性暴力が後を絶たない状況が継続しています。

 教職による性暴力が児童・生徒の権利を著しく侵害するとともに、児童・生徒等に対して生涯にわたって回復し難い心理的外傷その他の心身に対する重大な影響を与えるものであることを改めて自覚するとともに、本校からは、そのような非違行為は絶対に出さないために、校内研修を実施しました。

 文部科学省の研修動画を使い、「性暴力の背景にある思考の誤り」や「教職員の生徒に対する性暴力の特徴」等の知見を得るとともに、事例を通して、発見した際の初期対応や予防のための取り組みについて、ワークショップ形式で検討・議論しました。

 

 また、本校では今年度「学校評価」に「いじめ」と「体罰」に「スクールセクハラ」を加えた調査項目を追記したり、「いじめ・体罰・スクールセクハラ等の悩み事アンケート調査」毎学期実施したりしています。

 さらに、小谷中 HP に学校相談窓口と県の関係機関相談窓口を周知したり、毎年、「小谷中学校スクール・セクシャル・ハラスメントの未然防止について 」点検したりするなど、未然防止に努めています。

 今後も、どんな些細なことでも、ご心配なことがあれば、いつでも相談してください。


閲覧数:32回

最新記事

すべて表示
bottom of page