top of page

小谷村出土の縄文時代の遺物が里帰り。全国でも珍しい形状の石棒。


 小谷村黒川の縄文時代の遺跡から出土していた石棒が、この度村に里帰りし、今公開の準備が進められています。

 この石棒は、長さ40cmあまり太さが直径12~15cm、黒色で、蛇紋岩を磨き上げたもののようで表面はなめらかになっています。一番の特徴は、石棒の一端が4つの爪が2列に並んでいるような形状をしていることで、爪と爪の間の溝にはひもが通って削れたような跡が見られま

す。しかし、このような形状が、何の目的で使われたのかなどはわかっていません。石棒は各地で発見されていますが、このような形の石棒は全国でも珍しいそうです。

 今後、この石棒は村で展示される予定だそうです。この珍しい形の石棒の研究が進むといいですね。

 


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示
bottom of page