top of page

私の推しの一冊を紹介します

春には先生方が、秋には全校生徒がビブリオバトルを行うことが本校の恒例となってきています。

ビブリオバトルとは、参加者が読んで面白いと思った本を持って集まり、順番に1人ずつ本を紹介します。それぞれの発表後に、参加者全員でその発表に関するディスカッションを行い、全ての発表が終了した後、「どの本が一番読みたくなったか?」投票し、チャンプ本を決定するものです。

私自身、先生方や生徒たちの推しの一冊を知ることで、新たに出会った本もたくさんありました。また、同じ本を読んで感想を交換すると、自分にはない感性で捉えている生徒もいて、新しい発見があったときもありました。

ビブリオバトルを通して、読書が好きな生徒が一人でも増えればいいなと感じました。


閲覧数:55回

最新記事

すべて表示
bottom of page