top of page
検索

職員研修・・・熱中症の対応

 職員会議の前に、さまざまな研修を行っています。この日は養護教諭と保健体育科の職員が担当し、熱中症の対応について学びました。

 ケースワークで「外で作業をしていた職員が倒れているのを発見しました。現在の症状は、意識あり、顔白い、吐き気、・・・・です。さあ、どのように対応しますか。」実際に部活動を主にみている職員が、発見から救急車への引き渡しまでをおこない、残った職員はその様子を観察し、気になったことや良い点改善点をみつけ、あとで発表しあいました。

 今年も暑くなる見込みです。熱中症は誰にとっても他人事ではありません。まずはしっかり睡眠、しっかり食事、事前の予防的対策が大事です。学校でも、無理をさせない、安全面に配慮して活動していきたいと思います。                                                        (校長 小林)








閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page