top of page

Thanks & Fight

 第45期の生徒会を締めくくる生徒総会が行われました。

 T会長は、「学校と地域の方々の交流を大切に」をテーマに、公約として「総合発表会における村民との交流」「日々の学校生活の発信」等を掲げ、学校と地域を結ぶ生徒会新聞「絆タイムズ」の発行や総合発表会における「地域交流」を初めて実現させました。先日も収穫したキノコを「おたりつぐら」に寄贈することができました。

 F副会長は、「誰とでも話せて楽しく笑顔の絶えない学校に」をテーマに、「挨拶運動の継続」や「Chrome-Bookによるアンケートからの意見聴衆」を公約に掲げ、実現に結びつけました。何よりも、F会長の一挙手一投足と「○○です…」が、全校を笑顔にさせてくれました。

 I副会長は、「全校で作っていく学校!」のテーマから、月ごとに重点委員会を定めて各委員会の充実を図ったり、全校集会の度に「話し合いの場」を設けて一人ひとりの意見や考えを大切に汲み取ったり、先日も「スペシャルタイム」として全校レクを企画したりしてくれました。何よりも総合発表会では,テーマ「Star」に沿って一人ひとりが星のように輝くよう実行委員長としてチャレンジしてくれました。

 また、正副会長だけでなく、3年生が中心となって、各委員会・代議員会・応援団が、これまでの伝統を守るだけではなく、新しい活動にもチャレンジしてくれました。結果として、令和5年度生徒会テーマ「絆」は、学年の絆、学校全体の絆、地域との絆を深めたばかりか、千葉県白子町との絆や、台湾との絆までにも発展していったように思います。

 心から「ありがとう」と感謝の気持ちを送りたいです。

 本日、3年生から2年生にバトンは引き継がれました。M会長を中心とした第46期小谷中学校生徒会のスタートです。まずは三役が掲げた公約の実現に向けて、2学年全員が力を結集させ本気でチャレンジするのです。

 1年生は大事なパイプ役です。4月には新入生が入ってきます。1日でも早く中学校生活に慣れるよう先輩らしく,皆さんがまず行動し,範を示してください。

 第45期生徒会の締めに相応しい生徒総会に感謝するとともに、新しい生徒会への期待を込めて,私からのエールです。


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示
bottom of page